肥満から抜け出すための目標の定め方

腹筋をしている白人女性

「肥満から抜け出す」と言うと、暗にダイエットを示唆していると思われてしまうかもしれませんが、実はそれほど仰々しく構える必要などありません。
結論から言うと、肥満であることが悪いと言う訳では無く、全体的なバランスが狂ってしまっていることに問題があります。
逆に痩せすぎている人も肥満と同じようにリスクを抱えている状態ですから、結局は改善していく必要がある状態です。
肥満から抜け出すための目標設定では、「出来る限り小さな目標を設定する」という事が大切です。

体質的に太りやすい人と言うものもいますし、遺伝的に太りやすい遺伝子を持っている人と言うのも居ます。
肥満になってしまう原因こそ人それぞれではあるものの、努力と工夫で改善していかなければいずれ生命に重大な危機を迎えるリスクがあるので、出来るだけ早い段階で改善していくことが大切です。
ただ、「30kg落とす」と言った目標は苦痛以外のなにものでもない為、まずは「1日200kcal減らす」など小さなことから始めると結果に繋がりやすくなります。

心理学の世界でもそうですが、「達成が難しい目標を設定するよりも、容易に達成できる目標を繰り返し設定した方が良い」ので、「これならば絶対に達成できる」と言う目標を日々設定し、達成し続けていくことが効果的です。
今日はおかずを肉から野菜にする、今日は1kmあるく、腹筋を1回だけする、10分間だけランニングする、ビールを1本減らすなどの達成が簡単なものを繰り返していき、徐々に目標のレベルを上げていけば最終的に目的を達成することができると言う訳です。
最初に高い目標を設定してしまうと、道程の険しさにモチベーションが下がってしまったり、目標を立てたことで満足してしまうことも多くなってしまいます。
必ず段階を踏むことが大切です。